ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

ニホンヒゲナガハナバチ



e0089532_5637.jpg

ニガイチゴの花にハチが来ていた。
見るとニホンヒゲナガハナバチである。
名のように髭(触覚)の長いのが特徴のハナバチである。
前翅よりずっと長い触覚を持つハナバチに、
他にシロスジヒゲナガハチというのがいるが、
これとの区別は、前翅の上部中央にある小さな翅脈の囲い(肘室)が3個であれば本種で、
2個ならシロスジヒゲナガハチである。
さらに似た種にミツクリヒゲナガハナバチがいるが、
こちらは体がより小さく、触覚がこの2種より短く前翅より少し長い程度だ。
ニホンヒゲナガハナバチをスタンダードに覚えておけば、
3種のヒゲナガハナバチを覚えられるという訳である。

ハチの写真をアップすると、
良く「刺されて危ないから注意して下さい」と言ったコメントを頂くが、
アシナガバチ類やスズメバチ類以外のハチは、
手づかみしない限り刺されることはない。
もし刺されたら、手づかみする方が悪いのである(笑)。
大概のハチは近づいても襲ってくることはないし、
寧ろレンズを近づけると逃げられることの方が多いから、
ハチは怖いものと決めつけずに、近づいてじっくり見てみると
面白い発見があるに違いない。
是非近寄って観察してみて下さい。

   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ワンクリックでランキングアップに協力下さい。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2009-05-02 05:06 | ハチ・アリ
<< ヤマトシジミ ルリデオチョッキリ >>