ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

ハラヒシバッタ

e0089532_6133283.jpg

トゲナナフシを見つけた山道にハラヒシバッタがいた。
ヒシバッタ類もトゲナナフシ同様に普段は地表近くで暮らすから、
雨で地面が濡れるとより高い場所に移動してくるのか、
珍しく葉っぱの上に止まっていた。
雨の降らない時は草の根元に隠れていたり、
土色の体色のバッタが土の上に止まっていて目立たなかったりで、
かなり写し難く絵にならないことが多いのだが、
こうして緑バックで止まっていてくれるから、
図鑑写真風には願ってもない場所である。
しかも、普段はレンズを向けると直ぐに逃げるのに、
雨で濡れている所為か動きも鈍いから更に有り難い。

ところでこのハラヒシバッタの体色だが、
写真のようなツートーンカラーが一般的である訳ではない。
体色には黒褐色から灰白色までバラエティがあって、
更にそれに黒褐色や灰褐色の斑点が様々なバリエーションで配色され、
一種なのに色彩変異が実に多様で驚かされる。
安田守さんの『昆虫コレクション』という本には、ハラヒシバッタの23もの個体変異の写真が載っている。
この本は昆虫好きにはとても魅力的な一冊で、お薦めです。

   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ワンクリックでランキングアップに協力下さい。
ここで、今の順位も確認出来ます。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2009-07-01 06:13 | バッタ・カマキリ
<< スジグロシロチョウ トゲナナフシの幼虫 >>