ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

松の内

e0089532_6103718.jpg

正月飾りを飾っておくのは、
松の内の正月15日(小正月)までという所が多い。
しかし、気ぜわしい現在では7日までという所もあるようだ。

子どもの頃までは、鏡開きが終わる15日までは、
職人さんや漁師さんは仕事が休みだったと記憶する。
現在はそんな悠長な時代ではないから、
正月三が日でさえ仕事をしなければならない人も少なくない。
以前は、正月はスーパーやガソリンスタンドが休みで、
色々不便もあったが、今では年中無休だから、
正月に日常生活の不自由をする事もなくなった。

その変わりに、門松も注連飾りもめっきり姿を消し、
正月の風情を感じる風習は年々見られなくなってしまった。
鏡餅と注連飾りだけでもと、出来合いの小さなものではあるが、
これを飾って正月らしさを感じる事にしている。

本日は七草。
七草粥を食べる風習もまた消えつつあるのだろう。
大根、蕪、人参、白菜、ホウレンソウ、ブロッコリー、ネギ・・・。
何とか我が家の菜園の野菜で七草粥の材料を調達出来そうだ。


   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ワンクリックでランキングアップに協力下さい。
ここで、今の順位も確認出来ます。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2010-01-07 06:11 | 季節
<< ブロッコリーの花 小寒 >>