ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

タマネギ

e0089532_735394.jpg

貸し農園を借りて家庭菜園を始めて、かれこれ10年程になるが、
色々な野菜を何とかまともに収穫出来るようになったのは最近のことだ。
だが、未だに難物と思うのはキャベツとタマネギである。

そのタマネギがやっと今年は思い通りに収穫出来そうだ。
タマネギは10月の末に苗を植え付けて、
後は合間に2回程追肥と数回の除草をする程度の作業位で、
ほとんど手間の入らない野菜のはずだが、
なかなかプロの作るようなサイズに育たないのである。

原因は大体察していた。
2月頃にするべき追肥をしないからだ。
毎年この頃になると花粉症なども原因で、
なかなか菜園に足が向かないのである。
以前の記事に書いた短日性鬱も災いしているかもしれない。
厳冬期の追肥が大切なことは判っていてしないのだから、
タマネギがまともに育たないのはもっともなことである。
その他、昨年の植えて付けで注意したのは、
根を丁寧に広げて浅植えにして密植したことだ。
それに今年は4月頃から葉が黒変して腐る黒斑病が
全く発生しなかったのも良かったのかもしれない。
いずれにせよ、手を抜いてはまともに育たないということだ。

ところで、タマネギは葉が枯れ始めるのを待って一斉に収穫するものと
思い込んでいる人が結構多いようだ。
菜園を見渡すと、皆さん、結実まで丸々と太らせて、
収穫の日まで一切途中の間引き収穫をしないようである。
それは実に勿体ない話だ。
成長の思わしくないのを葉タマネギで是非食べて見てください。
軽く炒めて生醤油で食べるのが一番だが、
炒め物や汁物の具にも絶品。
一度味わえば、市販ではなかなか手に入らない贅沢品だと納得するだろう。

冬野菜が無くなり、夏野菜の収穫が始まるまでの畑の収穫物が乏しい間、
畑に余裕があれば、有り難い春野菜として、
葉タマネギ用に一畝植えておきたい程だ。

撮影:2010.05.21/Canon EF16-35mm F2.8L
  

   人気blogランキングに参加しています。 
[PR]
by escu_lenta_05 | 2010-05-23 07:04 | 季節
<< 昆虫が少ない 朝霧 >>