ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

足が一番長くなる日

e0089532_725852.jpg

12月22日は二十四節季の冬至だ。
冬至は陽暦の12月22日頃で、太陽黄経が270度の点を通過する日。
太陽は赤道から最も南に離れ、北半球での南中高度が最小となり、
一年で昼間の時間が最も短く、夜の時間が最も長い日である。

我が家の周辺での日の入りは、午後4時52分頃。
日の入りの少し前に、冬至に相応しい風景を見つけて回った。
この日は日長が一番短いことの他に、
太陽高度が最も低い日でもある。
その現象が如実に現れるのが影。
枯れ草も、小屋も、電柱も、地面に長い影を描いている。

皆を寄せて人影で遊んでみる。
皆が巨人のようになった。
何と長い足だろう。
そう、今日(だけ)は足が一番長くなる日だ。
撮影:2010.12.22 / Canon EF16-35mm F2.8L

*写真や記事がおもしろいと思われましたら、是非クリックで応援下さい!


   人気blogランキングに参加しています。 
[PR]
by escu_lenta_05 | 2010-12-23 07:25 | 季節
<< 冬の雨 ミナミアオカメムシ >>