ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

冬の雨

e0089532_211258.jpg

昼前までは晴れ間が多かったが、午後は次第に雲が多くなり、
だんだんと陽が雲間に隠れる時間が長くなってきた。
3時を過ぎる頃から、方曇りの中、小雨がぱらつき出した。

冬至の頃の雨を写しておきたかったので、
カメラを積んで車を走らせた。
夕暮れが近づくにつれ、時折雨脚が激しくなる。
降ったり止んだりを繰り返す雨のことを時雨と呼ぶが、これは初冬の雨をいう。
冬至の候はもう仲冬も終わる頃だから、今日の雨は時雨とは呼べない。
冬の雨か寒の雨というべきだろうか。
しかし、寒の入りは次候の小寒から。
寒の雨と呼ぶのはまだ少し先のことになる。
残るは冬の雨。
冬至の日から一週間ほどたってしまったから冬至雨も今ひとつぴんと来ないので、
冬の雨と呼ぶしかないのだろう。

その冬の雨に濡れるカラスの塒にレンズを向けると、一斉に数百羽が舞い立った。
横殴りに降りかかる雨でレンズを濡らしながら、
群れのカラスをしばらく追った。
カラスには少し迷惑な事をしてしまったかもしれない。
撮影:2010.12.28 /TAMRON AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical
*写真や記事がおもしろいと思われましたら、是非クリックで応援下さい!


   人気blogランキングに参加しています。 
[PR]
by escu_lenta_05 | 2010-12-28 21:12 | 季節
<< ウラジロ 足が一番長くなる日 >>