ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

ウラジロ

e0089532_7134770.jpg

注連飾りや鏡餅などの正月飾りに欠かせないのが
ウラジロ、ダイダイ、ユズリハなどの植物である。
葉つきのダイダイは繁栄を、
ユズリハは家系が絶えないことを象徴する縁起の良い植物として、
多くの地域で使われている。

ウラジロは、垂れ下がる葉が稲穂を、
白い葉の裏が米を連想させる。
左右対称に美しく整い、大きな見栄えの良いウラジロの葉は、
豊作のシンボルとして、正月飾りに使われるようなったと見られている。

ウラジロを近畿地方の一部ではホナガと呼ぶ地域もあるという。
これもたわわに実った稲穂を象徴する地方名である。

シダは歯朶と書き表すが、本来はウラジロのことである。
また、羊歯とも書くが、こちらは元々オシダの意なのだそうだ。
撮影:2011.1.4 /TAMRON AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical

*写真や記事がおもしろいと思われましたら、是非クリックで応援下さい!


   人気blogランキングに参加しています。 
[PR]
by escu_lenta_05 | 2011-01-10 07:14 | 季節
<< ミサゴ 冬の雨 >>