ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

寒い春

*講演のご案内
灘浜サイエンススクエアの自然教室で「神戸の水辺の鳥」の題で講演をします。
神戸の淡水域で見られる水鳥を50種程度スライドで紹介します。当方の題目は15:00~16:00です。 

清水孝之さんは、「六甲山の花シリーズ~六甲山のツツジ科植物~」を13:30~14:30に講演されます。

日時:3月27日(日) 13時30分~16時
場所:灘浜サイエンススクエア ホール
定員100名、参加費は無料で、事前申し込みは不要です。



e0089532_1843330.jpg

今日も寒い一日である。
ほんの少しの間ではあったが、朝方に雪が舞ったのには驚いた。
日中の最高気温はわずかに9度。
3月も下旬というのに、神戸では2月上旬頃の気温だ。

ツバキは春告げの花の筈だが、庭のヤブツバキはまだ蕾のままである。
大坂のツバキの開花平年値は1月29日だが、今年の開化は2月18日で、
平年より20日以上遅い記録だった。
宮崎や岡山でも一月以上遅い2月22日にやっと開花したという。
日本各地でツバキの開花が遅れている。
今年の春の歩みはかなり遅いようである。
e0089532_186634.jpg

ソメイヨシノの開花平年値は東京が3月28日、大坂、神戸では3月30日となっている。
今年のサクラの咲きが気がかりなので、近くの桜並木の様子を覗いてみた。
やはり成長は遅れ気味のようで、開花はあと1週間位先になりそうだ。

サクラは低温が引き金になって、花芽が休眠から覚めるので、
寒の厳しい今年のような冬なら、例年より開花が早まると思っていたら、
春になっても冬のような寒さが続いて、花芽の成長が遅れたようだ。
それでも、木によっては開花もそう先のことではない感じに膨らんでいる花芽もあるから、
サクラの季節がそこまでやって来ているのは間違いない。
撮影:2011.3.25(上) /3.26(下) /TAMRON SP AF Di 90㎜ F2.8

*ご連絡等は右のメールにてお願いいたします。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2011-03-26 18:06 | 季節
<< ミチタネツケバナ 寒の戻りとツクシ >>