ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

庭の昆虫

e0089532_2126876.jpg

庭にようやく昆虫の姿が増えてきた。
今一番昆虫を呼んでいるのはノースポールの花だ。
その中で最も数が多く集まっているのはヒメマルカツオブシムシ(体長約3㎜)。
成虫はこのように花に集まるが、
幼虫はセーターなどの毛織物に穴を開ける困り者だ。
その他、ヒメナガカメムシ、ナガカメムシ科の一種なども来ている。
e0089532_21265499.jpg

そして、コアオハナムグリも。
これは、バラの花を食い荒らすから、庭の最大の厄介者だ。
e0089532_21271986.jpg

草木の葉のあちこちに、黒藍色の小さなハムシが止まっている。
それはクロウスバハムシ(体長約4㎜)である。
この食樹はエノキとヤマハンノキだ。
庭の横の道路に植えられた大きなエノキで発生していて、
これが庭にやって来るのである。
こらから昆虫の季節は本番だから、
庭の小さなお客さんの撮影だけでも忙しくなるだろう。
撮影:2011.5.7 / CANON EF28-80mm F3.5-5.6 II(改)+Kenko TELEPLUS 2x
[PR]
by escu_lenta_05 | 2011-05-07 21:28 | コウチュウ
<< クロケシツブチョッキリ アサヒナカワトンボ >>