ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

田水張る

e0089532_17435848.jpg

明日は二十四節気の小満である。
本土より1月以上も入梅の早い沖縄地方ではすでに梅雨の盛りで、
この雨期は二十四節気の芒種まで続くことから、
沖縄地方では「小満芒種」と呼ばれている。
自宅周辺の田んぼ周りを車で走ると、ぽつりぽつりと田水が張られていて、
田植えも間もなくのようだ。
これから訪れる梅雨の雨の恵みで、早苗はすくすく成長する手はずだ。
e0089532_17422032.jpg


田水の張られた田に、早速カルガモがやって来た。
夫婦だろうか、仲良く畦に生えるスズメノテッポウを啄ばんでいる。
日本のカモ類の多くは冬鳥だが、
カルガモは日本では珍しく夏場でも見られる種である。
梅雨の最中、勢い良く成長する草やイネの陰に紛れて雛を育てる。
このカルガモ夫婦も、日本の稲作の農事暦に上手く合わせて
繁殖活動を始めるのだろう。
撮影:2011.5.8/ Canon EF75-300mm F4-5.6(上) /Nikkor AF-S ED600mm F4DⅡ+TC14EⅡ(下)
[PR]
by escu_lenta_05 | 2011-05-13 17:44 | 季節
<< 赤いコウチュウ ミノウスバ >>