ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

ビオラとパンジー

e0089532_9154898.jpg

サクラの咲く季節はスミレの季節でもある。里山を歩くと、日を追うごとに様々な種類のスミレが咲き出す。今年は春の進みが遅かったので、開花を待ちかねて一斉に開花したからだろうか、いつもの年より花付きの良い美しい草姿の株が多いように思う。
園芸種のスミレの仲間がビオラやパンジー。野山のスミレ類と同じく、庭のビオラやパンジーもやはり例年に比べると綺麗に咲きそろっている気がする。暖冬の年は、晩秋からすでにパラパラと開花して、旬の頃には草丈が伸びすぎてしまうのだが、今年は開花時期が揃ったので見栄えがする。それに、花芽や花弁を食べてしまうダンゴムシの活動が、低温でほとんど発生しなかったのもあるだろう。
e0089532_916135.jpg

e0089532_9164759.jpg

e0089532_9174930.jpg

上の4種がビオラ、下の2種がパンジーである。
ビオラとパンジーは元々同じスミレの仲間だ。スミレ類の学名の属名はViola。園芸では、小振りな花をビオラ、花径が5~6㎝以上をパンジーと呼んでいるが、似た者同士をビオラかパンジーかと悩む必要はあまりないだろう。
e0089532_9181864.jpg

e0089532_9185082.jpg


撮影:2012.4.17 / Canon Compact-Macro EF50mm F2.5
*クリックで画像は少し拡大します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2012-04-18 09:19 | ガーデニング
<< ビロウドツリアブの産卵 ツクシ >>