ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

ドウガネブイブイの幼虫

e0089532_14491368.jpg

庭で鉢の植え替えをしていると、土塊に混ざってコガネムシの幼虫が転がり出て来る。小振りなコアオハナムグリが一番多いが、それよりずっと大きいのも時々出て来る。
コガネムシ類の幼虫はどれも良く似ているが、腹部の端の毛の配列を観れば種が判別出来る。それを頼りに調べてみると、大きい幼虫はどうやらドウガネブイブイのようである。町外れの街灯や自販機の明かりの下に集まるコガネムシの代表種のひとつだ。少し郊外の家なら、夕食のテーブルの上をブイブイと翅音を鳴らして飛び回って食事の邪魔をするコガネムシは、アオドウガネとこのドウガネブイブイかもしれない。
これから昆虫関係の観察会が多いので、その資料に使えそうと思い撮影しておいた。「クワガタとコガネムシの幼虫はどこで見分けるの?」と子供たちに良く質問される。さて、クワガタの幼虫も見つけて来て撮影しておかなければ。

撮影:2012.6.5 / NIKKOR ED70-180mm F4.5-5.6D
2012.6.13 / Canon MP-E65mm F2.8 1-5x(右下のみ)
*クリックで画像は少し拡大します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2012-06-13 14:47 | コウチュウ
<< トケイソウの受粉 カシワマイマイ >>