ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

お目覚め



e0089532_6294144.jpg

啓蟄の気は生きものが土の中から這いだしてくる頃である。
土の戸を破って、まさに地中から出てくる瞬間を写せたら良いのだが、
そんな場に上手く出会すなんてかなり困難なことに決まっている。
それが叶わないというのであれば、
体に土をくっ付けたままで、未だ眠気眼の、
丁度土の中から這いだして来たばかりと判るような生きもの姿を、
せめて写したいものだ。

そんなショットを狙って、里山を歩いていたら、
頭に描いたラフスケッチそのままのような被写体を見つけた。
それが今日の写真のアマガエル。
鼻先や背中にちゃんと土がひっ付いていて、
目も何となくうつろな雰囲気だ。
皮膚の色も土塊や枯れ草と同化していて、
季節感も良く出ていると思うので、さらに有り難い。
啓蟄の気の間に、こんなシーンにもう少し出合って見たい。
*二十四節気の一つの節気の期間、すなはち約15日間のことを「気」という。
   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ワンクリックでランキングアップに協力下さい。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2009-03-10 06:31 | 季節
<< ツクシは花粉症に効く? フルサイズで実写 >>