ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

カテゴリ:紅葉( 10 )

アスパラガスの黄葉

e0089532_10582283.jpg

撮影:2010.11.26 / TAMRON SP AF Di 90㎜ F2.8

写真や記事がおもしろいと思われましたら、是非クリックで応援下さい!

   人気blogランキングに参加しています。 
[PR]
by escu_lenta_05 | 2010-11-27 10:58 | 紅葉

湖畔紅葉

e0089532_10271333.jpg

撮影:2010.11.23 / TAMRON SP AF Di 90㎜ F2.8

写真や記事がおもしろいと思われましたら、是非クリックで応援下さい!

   人気blogランキングに参加しています。 
[PR]
by escu_lenta_05 | 2010-11-26 10:27 | 紅葉

落ち紅葉

e0089532_21464799.jpg

クリックで画像は鮮明になります。撮影:2010.11.23 / RICOH GX200

写真や記事がおもしろいと思われましたら、是非クリックで応援下さい!

   人気blogランキングに参加しています。 
[PR]
by escu_lenta_05 | 2010-11-25 21:47 | 紅葉

里山紅葉

e0089532_1044641.jpg

家の周りの里山は常緑樹と落葉樹との混交林だ。
山地の紅や黄の錦織のような鮮やかな紅葉には及ばないが、
里山の茶系統の紅葉もそれなりに美しいと思う。

コナラやアベマキのナラ類の赤茶に混ざって、
アカメガシワの黄や、ヤマハゼやヤマウルシでちょっぴりの紅を添え、
初冬の里の山肌を彩っている。
撮影:2010.11.23 / TAMRON IF28-75mm F2.8

写真や記事がおもしろいと思われましたら、是非クリックで応援下さい!

   人気blogランキングに参加しています。 
[PR]
by escu_lenta_05 | 2010-11-24 10:44 | 紅葉

クロモジの黄葉

e0089532_181697.jpg

今日のクロモジもまた、林を黄葉で飾る有力メンバーだ。
山にこんなにもこの樹木が多かったかと思うほど、
山道の際のあちこちに、クロモジの黄色い葉が目立っている。

クロモジは早春もまた存在感のある樹木だ。
薄黄緑色の小さなぼんぼり状の花房が、
まだ裸木の残る浅春の林を美しく飾るのである。
この木の花を見ると、ようやく冬が去り、
春がやって来たことを実感させてくれる。

クロモジは早春と黄葉の季節、
一年に二度、山を美しく彩る。
撮影:2010.11.18 / TAMRON SP AF Di 90㎜ F2.8

写真や記事がおもしろいと思われましたら、是非クリックで応援下さい!

   人気blogランキングに参加しています。 
[PR]
by escu_lenta_05 | 2010-11-23 18:16 | 紅葉

コアジサイの黄葉

e0089532_18494146.jpg

山を彩るのはモミジの紅葉ばかりではない。
ナラ類やクスノキ科の落葉樹などの黄葉もそれに劣らず美しい。
コアジサイは山肌を黄に染めるそのメンバーの一員だ。
その枝先には、薄緑の小さな玉飾りのような実がついている。
これがすっかり黒く熟す頃には、
葉は全部落ちてしまうのだろう。
撮影:2010.11.18 / TAMRON SP AF Di 90㎜ F2.8

写真や記事がおもしろいと思われましたら、是非クリックで応援下さい!

   人気blogランキングに参加しています。 
[PR]
by escu_lenta_05 | 2010-11-20 18:49 | 紅葉

浜朴黄葉 [Autumn tint of Hibiscus hamabo]



e0089532_13543471.jpg

実家からもらったハマボウ(浜朴:Hibiscus hamabo)の苗を鉢に植えている。
ハマボウは昔は太平洋側の海岸沿いでは珍しくない植物だったが、
最近は海岸の自然環境の破壊で、
多くの地域で激減してしまった。
これまで、この植物ををまじまじと見る機会は無かったが、
鉢植えを庭に置いていると、時々とはいえ、自ずとじっくり眺めることになる。
それで、意外だったのは黄葉。
ハマボウは小さい頃遊んだ海岸のあちこちにも生えていたが、
海遊びの主流はやはり夏だから、この植物が黄葉するのは知らなかった。
もっとも、海岸に行けば泳いだり駆け回ったりばかりに夢中の子供時代だから、
どんな植物であれ、目を向けることはほとんど無かったのは確かなのだが・・・。



   人気blogランキングに参加しています。 一日一回ポチッ」と、ご面倒でもランキングアップに協力下さい。
【This blog takes part in Blog Ranking.  PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2008-11-26 13:55 | 紅葉

マイナー路線



e0089532_653682.jpg

まともに紅葉や紅葉を写していないというのに、
時ならぬこの寒波で、
シーズンも早々と終わってしまうかも知れない。
今日当たりは、例によってマイナー路線だが、
近くの野山を彷徨いて、色づいた草木の葉を探してみようと思うのだが、どうなるやら。
※写真はヌルデ(Rhus javanica Linnaeus)の紅葉。


   人気blogランキングに参加しています。 一日一回ポチッ」と、ご面倒でもランキングアップげに協力下さい。
【This blog takes part in Blog Ranking.  PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2008-11-22 06:53 | 紅葉

それはやっぱり杞憂[Imaginary fears at early winter]



[Autumn tint of Dodan-Tsutsuji:Enkianthus perulatus]
e0089532_5545189.jpg

寒気団が南下しているらしい。
やはり、季節は一雨ごとに冬らしくなって行くものらしい。
これからの寒い季節、ネイチャー系のブロガーにとって、ネタが乏しくなるから、
これまで以上に目を皿のようにして野山を彷徨わなければならない。
毎年、いきものがどんどん少なくなるこの時期になると、
これから先何を写そうかとちょっぴりそんな不安に襲われたりする。

だが、それも杞憂のようだ。
なぜなら、このブログを2005年10月に始めてからすでに3年。
さらに、HPを立ち上げたのは1999年だから、
それから数えると10年ほどこのような自然ネタの更新をしているのがその証。
時に鬱状態になって(笑)一寸更新を休むこともあるにはしても、
野山を廻れば何かしら、気になものに出会えるということである。

山の木々が葉を落とし、野の草が枯れ、辺りが淋しくなれば、
青々とした草木に覆われて見えなかったものまでもが露わになるから、
思いもよらない物を発見したり、
じっくり見詰めることの無かったものにまで目がいくようになり、
新たな驚きがあったりする。
これからの寒さの季節ほど、
むしろ被写体探しの楽しい時期なのかも知れない。

↑写真説明:ドウダンツツジ(Enkianthus perulatus)の紅葉


   人気blogランキングに参加しています。 一日一回ポチッ」と、ご面倒でもランキングアップげに協力下さい。
【This blog takes part in Blog Ranking.  PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2008-11-18 05:55 | 紅葉

ビリジャンの暗がりへ

e0089532_704243.jpg

すでにその力をほとんど使い尽くし
ビリジャンの暗がりに吸い込まれて行くのだろう。
朱色に染まった枝と葉をようやっと伸ばし
冬晴れの柔らかな陽を惜しむように浴びている。
[Nikon D2X ED70-180mm F4.5-5.6D]

☆お手数ですがランキングアップにご協力下さい!
↓↓↓

[PR]
by escu_lenta_05 | 2006-12-04 07:00 | 紅葉