ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

カテゴリ:キノコ( 3 )

ハエヤドリタケ

e0089532_1833716.jpg

早春の林を歩く。
木々は皆葉を落とし、極寒の裸木とほとんど変わらない感じだが、
近づいて枝先を見れば、冬芽はかなり膨らんでいる。
中にはもう若い葉芽が開いているのもある。
遠目にはまだ寒林のようだが、木々はすでに春の訪れを感じていて、
芽吹きの季節へと突き進んでいるのだ。

木々がすっかり覚醒しているから、
昆虫もそろそろ活動を開始しているだろうと、
期待して木々の枝先や落ち葉の上をこまめに見て歩くが、全然その気配がない。
昨年は春先から初夏にかけての低温と盛夏から秋の猛暑に見舞われた。
その異常気象が原因だろうか、昨年は昆虫の発生が例年より少なかったように思う。
やはりこの林も、カマキリの卵嚢やガの繭もかなり少ないようである。
e0089532_18333979.jpg

当て外れで落胆しながら林を歩いていると、
枯れ枝の先に昆虫のようなものがしがみ付いている。
目を凝らしてそれを良く見てみると、何と冬虫夏草の生えたキンバエだ。
ハエの胸部に発生するハエヤドリタケである。
冬虫夏草の中では珍しいものでは無いのだが、自分としては初物だからうれしい。
ハエを寄主とする冬虫夏草には他に、
オニハエヤドリタケとフトクビハエヤドリタケがあるそうだ。

以前にこの林で、クビオレアリタケガヤドリナガミノツブタケ
それぞれトゲアリとガの一種から見つけている。
冬虫夏草の良く見つかる場所を「坪」というらしい。
ひょっとしてここはその坪かもしれない。
春から夏の冬虫夏草のシーズンが楽しみになってきた。
撮影:2011.2.8 / Canon MP-E65mm F2.8 1-5x

*写真や記事がおもしろいと思われましたら、是非クリックで応援下さい!

   人気blogランキングに参加しています。 
[PR]
by escu_lenta_05 | 2011-02-09 18:34 | キノコ

冬虫夏草(ガヤドリナガミノツブタケ)

e0089532_15545762.jpg

トゲアリに付く冬虫夏草のクビオレアリタケを以前見つけた林に入ると、
明け方に降った梅雨末期の激しい雨の所為で、
普段はチョロチョロしか流れていない小川がかなりの水量になっている。
泥水が音を立てて濁流となって流れていた。

たっぷり湿気を含んだその林にはキノコが彼方此方生えている。
これなら冬虫夏草も大きく成長して探しやすいだろう。
過去に冬虫夏草の見つかった場所は他の種類も見つかる可能性が高いので、
何もかも腐ってしまいそうなじめじめしたこの雰囲気ならきっとあるだろうと、
辺りを見回しながら林道歩いていると本当にあった。
ガヤドリナガミノツブタケだ。
朽ちた細い竹の枝が固まって生えているその中の一枝に、
しがみつくようにして付いているヤガらしい死体からそれは生えていた。

ガヤドリナガミノツブタケは冬虫夏草の中では良く見る事の出来る種だが、
やはり見つかると嬉しいし、他の種が発見出来る期待も一層増してくる。
盛口満さんの「冬虫夏草の謎」に、冬虫夏草の良く生える場所をツボと呼ぶと書いてあった。
ここはそのツボかも知れない。
次はセミタケ、トンボタケ・・・と期待が湧いてくる。


   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ワンクリックでランキングアップに協力下さい。
ここで、今の順位も確認出来ます。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2009-08-05 15:55 | キノコ

これ、栗饅頭?

e0089532_675493.jpg

松の木に栗饅頭が!
そんな錯覚をしてしまいそう。
でもこれはキノコ。
枯れて間もない松の幹に生える、ヒトクチタケだ。
一口で食べられそうだから、「一口茸」と言うのだそうだ。

タコウキン(多孔菌)科のキノコの一種で、
有名なところでは、マイタケがこの仲間である。
そう聞くと、きっと美味しそうなのだろうと、
採って食べたくなるのだが、残念ながら食菌としての利用は無いようである。
毒性はないらしいが、魚の干物の匂いがするとか。
[Nikon D2X 105mm F2.8D]



人気blogランキングに参加しています。今日もクリックで応援をよろしく!

e0089532_16375230.jpg
ちょとCM  「いきもの」前線マップ
←自著は、自然好きの方にピッタリの一冊と思います。
植物、野鳥、昆虫など、季節前線でお馴染みの106種のいきものを紹介しています。
フルカラー(ほぼ9割は私の写真)で楽しむ季節のいきもの解説です。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2007-05-16 06:08 | キノコ