ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

カテゴリ:魚類( 2 )

水槽掃除

e0089532_7144050.jpg
 
雑用が多くて後回しにされ続け、片付けられないままになっていた家事を、ここ数日でかなりやってのけた。
熱帯魚の水槽の掃除もそのひとつである。
ホースフェイスローチ、クラウンローチ、アルジーイーターの3匹のナマズ類の入っている水槽である。
この熱帯魚たちは、あまり水替えもしてもらえないのに、
飼いはじめて6年以上になるはずだが、元気に生きている。
どれも底生のナマズ類で、水質の悪化に割合強いので、
こんな手抜きの飼い主の下でも行き続けられるのだろう。
e0089532_7145974.jpg
 
偶に水替えをする位で、水槽自体は清掃していないから、
ガラス面をコケが覆い、中の魚たちすら見え難くくなっているので、
もう限界だと、底に入れた砂も含め、水槽丸ごと洗うことにした。
季節はずれの猛暑ではあるが、不幸中の幸いで水温が高いから、
熱帯魚を他所に隔離して作業するには好都合の気象条件である。
e0089532_7151478.jpg

久しぶりにすっかりきれいになった水槽に魚を戻すと、
どれも素っ頓狂な顔をして、前面に集まっている。
何年ぶりかに外がよく見えるからか、ものめずらしそうな表情をしている。
ほとんど浮遊物もなく水が澄んでいるので、
中の魚がクリアーに見え、こちらも新鮮な気分で気持ちがよい。
それなら早く大掃除をすれば良いのだが、無精者にはなかなかこれが出来ないのである。

そして、日がたつごとに水は濁ってしまうので、
魚の撮影は今がチャンスと、
久しぶりに水槽カメラマンになって、3匹のナマズ類を写した。
撮影:2011.06.25 / TAMRON SP AF Di 90㎜ F2.8
[PR]
by escu_lenta_05 | 2011-06-26 07:15 | 魚類

ホースフェイス・ローチ

e0089532_6113796.jpg

このホースフェイス・ローチ(ロングノーズ・ローチ)は5年ほど前に子供のペットとして飼い始めたのだが、
ゲームや音楽をヘッドホーンで聞くのが面白くなってしまった子供には、
すっかり忘れ去られてしまっている。
今では、水換えをしていつもより水槽が綺麗になった時、
ちらっとでも眺めて貰えれば良い方である。

ホースフェイスローチはタイ、ミャンマー、マレーシアに生息しているドジョウの仲間で、
名前のように長い鼻をした馬のような顔が特徴だ。
いつもは砂の中に隠れていて、普段は姿はあまり見せないが、
偶に砂の上で休んでいる姿を見ることが出来る。

水草の魚を撮影するにはストロボが必須なのだろうが、
これではコントラストの強い図鑑風の仕上がりになってしまうので、
出来れば、自然光に近い柔らかい光の下で写したいと思っている。
そうなると、光が充分に届く水槽の手前側に魚がじっとしてくれている時がシャッターチャンスという訳だ。

今日は珍しく、水草の上で休んでいる。
しかも光量も充分そうな位置で、背景も綺麗に写りそうな場所だ。
喜び勇んでカメラを取り出し、一枚パシャリとやったら、直ぐに逃げられてしまった。
それでも、カメラのモニターで見る限りピントもちゃんと目に来ていそうで一安心。
だが、CRTで確認してガックリ。
水槽のガラス一面の苔が、青のりを振り掛けたようにバッチリ写し込まれている。
水換えやガラスの苔取りをサボっている罰である。
数少ないチャンスの為には、残念ながら手抜きはさせて貰えないようである。
[Nikon D2X ED70-180mm F4.5-5.6D]

人気blogランキングに参加しています。
写真や記事に興味を持たれましたら、↑か、↓の「ランキング」バナーを一日一回「ポチッ」として頂けると、とても嬉しいです!



e0089532_16375230.jpg
自著のご紹介  「いきもの」前線マップ
←自然、いきもの、ネイチャーフォトの好きな方にお薦めします。
植物、野鳥、昆虫など、季節前線でお馴染みの106種のいきものを紹介。
フルカラー(ほぼ9割は私の写真)で楽しむ季節の身近な「いきもの」解説です。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2007-11-29 06:11 | 魚類