ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

カテゴリ:雲・空( 23 )

金星の太陽面通過

e0089532_1849519.jpg

5月21日の金環日食に続いて、6月6日は金星の太陽面通過と、太陽が主役の天体ショーが見られるとのこと。気になるのは天気。予報では、当地は早朝まで曇りで、以後は晴れだというが、出来れば薄曇りを期待する。なぜなら減光フィルターが無くても撮影出来るだろうという魂胆から。
昼過ぎに所用から帰宅して空を見れば、太陽は願いどおりに時折薄雲に隠れて、うまい具合にフィルター効果で見え隠れしている。太陽をまともに写すとカメラ機材が損傷することもあるらしいので、お気の毒だが防湿庫でお蔵入り状態のD2Xに辛い役目をしてもらった。良い働きをしてくれた老兵に感謝。
次回の金星の太陽面通過は105年後の2117年12月11日だとか。勿論これは観ることは出来ない。

撮影時間:2012/06/06 13:12:4 /Nikkor AF-S ED600mm F4DⅡ+TC14EⅡ/ F18 1/8000秒 ISO100
*クリックで画像は少し拡大します
[PR]
by escu_lenta_05 | 2012-06-06 18:50 | 雲・空

飛行機雲

e0089532_17231416.jpg

撮影:2011.10.09 /TAMRON AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC LD
*クリックで画像は少し拡大します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2011-10-15 17:24 | 雲・空

雪雲

e0089532_10145967.jpg

昨日は西日本でも雪が積もるとの天気予報だったので期待していたのだが、
午後に一時降っただけで終わってしまった。
また白銀の世界は写せず仕舞いである。
それでも空には寒々とした雪雲が広がっている。
鉛色の雪国のそれに比べれば今ひとつ迫力不足の空の色だが、
寒の季節の風景として写しておきたい。

今日も降雪の予報が出ている。
さて今日は積もってくれるだろうか。
少しだけ期待して、撮影の準備だけはしておこう。
撮影:2011.1.15 /Canon EF16-35mm F2.8L

*写真や記事がおもしろいと思われましたら、是非クリックで応援下さい!

   人気blogランキングに参加しています。 
[PR]
by escu_lenta_05 | 2011-01-16 10:15 | 雲・空

飛行機雲

e0089532_21311395.jpg

二階の西の窓から外を眺めると、
帯状の夕焼けと飛行機雲が夕暮れの空を飾っていた。

撮影:2010.07.26 / Canon EF28-80mm F3.5-5.6

写真や記事がおもしろいと思われましたら、是非クリックで応援下さい!

   人気blogランキングに参加しています。 
[PR]
by escu_lenta_05 | 2010-07-26 21:31 | 雲・空

波状雲

e0089532_17104740.jpg

北の空に高積雲の波状雲が広がっていた。
これが発達して雨雲に変わるのだろう。
天気予報でも、明日は夕方から雨模様のようだ。

そして南の海上には季節はずれの大型台風22号が発生している。
これからの進路が気になる。

   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ワンクリックでランキングアップに協力下さい。
ここで、今の順位も確認出来ます。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2009-11-28 17:11 | 雲・空

皆既日食

e0089532_5425635.jpg

昨日は、日本で46年ぶりの皆既日食があった。
知人にも上海、硫黄島沖、屋久島などへのツアーに参加した人もいた。
我が市では午前11時5分頃に、太陽直径の82.4%の欠ける部分日食が見られ、
日食は午前9時46分頃から午後0時25分頃まで、
約2時間40分の太陽の日食の変化を楽しめるということなので、
生きものの行動も観察しながら、
見晴らしの良さそうな場所で天文ショーを見ることにした。
生憎の曇り空、日食が始まっても一向に太陽は顔を見せなかったが、
10時半頃から厚い雲の合間に、
ほんのちらりとだったが、時々三日月形の部分日食を拝むことが出来た。
e0089532_543819.jpg

部分日食がピークに成る頃、空はすっかり雲に覆われていて、
期待の最大食の太陽は全然姿を現してくれなかった。
しかし、皆既日食の地方のような暗闇にはほど遠いが、
辺りは夕暮れが迫りはじめた頃の様な薄暗さとなって、
光の変化でそのピークに入ったことを感じることが出来た。

生きものの行動変化もあった。
それまで、ため池の縁で飛び回っていたオオシオカラトンボが、
明らかに照度が下がり始める頃からどこかに姿を消し、
再び辺りが明るくなり始めると湖面にウスバキトンボの飛ぶ姿があった。
部分日食がピークに近づく頃から、
岸際で水面に背びれを見せてコイが泳ぎ始め、
湖面の彼方此方には、水面で泳ぐ魚が作る丸い波紋が現れ、
部分日食のピークの10分過ぎ位には、その波紋の数は最も多くなった。
(親と幼鳥らしい?)セッカの2,3羽が、湖岸の草むらに飛び込んだり、
またそこから飛び出したりして落ちつかない風だったのも、
突然の照度の変化の影響なのだろうか。
皆既日食にはほど遠い天文ショーだったが、
生きものの非日常的な行動を見られたので大満足と言うところだろう。

絵本のご紹介!
☆自然関係の知友にしたにひろし氏のデビュー作! → 「海と空の約束


   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ワンクリックでランキングアップに協力下さい。
ここで、今の順位も確認出来ます。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2009-07-23 05:43 | 雲・空

曙にあれが欲しい・・・

e0089532_5113118.jpg

昨朝も霞んでいたが、一昨日に比べれは遥かに視界は良かった。
1㎞先までは充分視界がありそうだったから、「霞」と言うことだろう。
ブログの記事のように、一昨日はあまりに深い霧で、
朝日は全く見ることは出来なかったが、
昨朝は曙の空にいつもより赤みを帯びた太陽が昇り始めていた。

空気中の水蒸気が多いほど太陽の周りは明らんで見えるから、
太陽が見える程度に霞の広がる空なら、
朱に染まる太陽を拝めることになる。
水蒸気は上空よりも低い所に漂っているのだから、
太陽の高度の低い朝日や夕陽が赤らむ訳だ。

綺麗な朝日に出会うのは空模様次第ということになるが、
上手くその風景にピッタリのカメラをいつでも持っているとは限らないから、
刻々と旬の色が褪めて行く風景を素早く写し止められるのは難しい。
高感度ノイズに滅法強い最新のカメラに高倍率ズームレンズを着けたセットを
常時手元に置ければ、
かなりの様々な状況に対応出来そうだが、それは夢。

「あ、あれが欲しいのですね」
「はい!」
でもそれは暫く(いや、永遠に)夢で終わるかも知れません・・・。
[Nikon D1x SIGMA 17-70mm F2.8-4.5DC]


人気blogランキングに参加しています。
一日一回
ポチッ
」と応援して頂くと、下降中の順位が少しアップします。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2008-08-02 05:22 | 雲・空

冬至の空

e0089532_5243480.jpg

闇のどん底から再生の光が輝き始める冬至。
この日を過ぎると、俄に景色が輝きを取り戻したように感じるのは
気のせいなのだろうか。
実際にはほんの少し光量が増しただけなのに、
それ以上に大地が輝いて見えて来るから不思議だ。

空に浮かぶ高積雲が、その再生の斜光線を受けて、
露わにされ、冬晴れの空に一際浮き立ち、
銀色に煌めくジェット機がその雲に向かっている。

昨日までとは打って変わったような明るい風景は、やはり錯覚などではないようだ。
12月25日のクリスマス祭は、一陽来復を願う冬至祭りの一つ。
そして、正月もまた農耕民族にとって重要な光の祭りなのである。
冬至は季節を分ける大切な節目で、
光に敏感な植物は、すでに光の春を察知していて、
ぼつぼつ復活の日の為の準備を始めているはずだ。

寒晴れの空を無音で過ぎる機体は、
純白の細い尾を真一文字に引きずって、
間もなく雲の陰に消えようとしている。
[Nikon D1x SIGMA 17-70mm F2.8-4.5DC]

人気blogランキングに参加しています。
写真や記事に興味を持たれましたら、↑か、↓の「ランキング」バナーを一日一回「ポチッ」と
して頂けると、とても嬉しいです!

[PR]
by escu_lenta_05 | 2007-12-26 05:24 | 雲・空

ようやく冬に

e0089532_71533.jpg

朝、「薄氷が張ってるよ。」とゴミ出しから帰った妻が言う。
随分と遅れていた冬がやっとやって来たようだ。

畦から眺める少し陽の傾き始めた西の空に、
雲間から光芒が広がっている。
その奥には寒冷前線の厚い帯状の雲が長く横たわる。
空にも冬らしい気配が漂い始めたようである。
[Nikon D1x SIGMA 17-70mm F2.8-4.5DC]

人気blogランキングに参加しています。
写真や記事に興味を持たれましたら、↑か、↓の「ランキング」バナーを一日一回「ポチッ」と
して頂けると、とても嬉しいです!

[PR]
by escu_lenta_05 | 2007-12-16 07:01 | 雲・空

立冬の巻雲

e0089532_6345719.jpg

空を見上げると巻雲があちこちに出ている。
上空の風が強いのだろうか、魚の骨か鳥の羽のように見えるこの雲も
瞬く間に形を変えて、もう空の色に同化してしまいそうだ。
先ほどまでその近くを細く一直線に伸びていた飛行機雲さえ、
太くうねうねとした薄い帯に変わってしまっている。
立冬の雲は、美しくも儚い幻光のようであった。
[Nikon D1x SIGMA 17-70mm F2.8-4.5DC]

人気blogランキングに参加しています。
写真や記事に興味を持たれましたら、↑か、↓の「ランキング」バナーを一日一回「ポチッ」として頂けると、とても嬉しいです!



e0089532_16375230.jpg
自著のご紹介  「いきもの」前線マップ
←自然、いきもの、ネイチャーフォトの好きな方にお薦めします。
植物、野鳥、昆虫など、季節前線でお馴染みの106種のいきものを紹介。
フルカラー(ほぼ9割は私の写真)で楽しむ季節の身近な「いきもの」解説です。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2007-11-09 06:35 | 雲・空