ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

バラの花が咲いた(2)

e0089532_2133520.jpg

園芸店のバラの苗にはラベルが付いている。
その品種の最も美しい花姿の写真と栽培法などを書いたラベルだ。
「お、これは綺麗だな!」と庭に咲いた様を想像しながら
苗を手に取り、その写真に見入る。
そして、その下に書かれた品種名を確認する。
何と、「ファースト・ラブ(HT)」。

園芸植物には何とも気恥ずかしい名前が時々ある。
その所為で、花は好きなのに植えずにいる品種もあったりするのだ。

[Nikon D2X ED70-180mm F4.5-5.6D]
[PR]
by escu_lenta_05 | 2006-05-31 21:33 | 植物

バラが咲いた

e0089532_1837817.jpg

バラの季節だ。
甘い香りが、朝露に濡れた深紅のバラから溢れ出す。
花弁に輝く、透き通るような艶やかな色彩。

昨秋の選定、冬の寒肥。
そして、アブラムシ、ハバチ、チョッキリゾウムシ、様々な毛虫。
次々に襲いかかる害虫達の駆除に明け暮れた春。

バラの花が咲くまでのそんな苦労が報われる季節。

*写真の品種は乾杯(HT)です。
[Nikon D2X ED70-180mm F4.5-5.6D]
[PR]
by escu_lenta_05 | 2006-05-29 18:38 | 植物

ラベンダー・ストエカス

e0089532_17291536.jpg

鉢植えのラベンダーは、もう花の盛りを過ぎました。
これはストエカスという品種で、ウサギの耳のような飾り苞が特徴。
蜜が良く出るらしく、マルハナバチが毎日盛んに集まってきます。

イングリッシュ系は暑さに弱い品種が多いようですが、このストエカス系の品種は
スペイン原産なので夏場も元気で、冬場も外に置き放しでも大丈夫な管理の楽なラ
ベンダーです。
フランス経路で日本に輸入された歴史から、フレンチラベンダーとも呼ばれます。
ワインレッドや白など花色も豊富で観賞用に色々集めたくなるハーブです。
[Nikon D2X ED70-180mm F4.5-5.6D]
[PR]
by escu_lenta_05 | 2006-05-25 17:29 | 植物

バイカウツギ

e0089532_21131.jpg

鬱々とした梅雨のような毎日。
でも、雨好きの植物は生き生きとしている。
雨に濡れるバイカウツギの花弁も一段と白く輝いている。

一見ウツギに似ているけれど、花弁の数が違う。
ウツギ属は5弁で、バイカウツギ属は4弁。同じユキノシタ科だが、
それほど近縁ではないようだ。
さらに、ウメは5弁なのに「梅花」とはまた奇妙だ。
あまり深く考えずに美しい花をただ観賞するのがよさそうだ。
[Nikon D2X ED70-180mm F4.5-5.6D]
[PR]
by escu_lenta_05 | 2006-05-19 21:01 | 植物

シラー・ペルーウィアナ

e0089532_15291147.jpg

シラー・ペルーウィアナが開花しました。
走り梅雨の鬱陶しさを忘れさせる清々しいブルーです。
数輪開花したばかりの頃、小花がパラパラと円を描いて咲いている様が
小宇宙のように見えて、満開のときより私は好みです。

野生種ツルボと同属です。
園芸種では、草丈が低く可愛い鈴型の花をつけるカンパヌラタなどもあります。
[Nikon D2X ED70-180mm F4.5-5.6D]
[PR]
by escu_lenta_05 | 2006-05-17 15:15 | 植物

もう立夏

e0089532_17112989.jpg
本当に久しぶりの更新です。
時々訪問して下さった方もいらっしゃるようですね。
申し訳ありませんでした。

もう立夏です。
窓を開けて初夏の空気と入れ換えなくてはいけません。
春に植えた庭の草花が咲き出しました。
綺麗な花弁の彩りが私に力をくれるような気がします。
そして、薫風に紛れる心地よい花の香りも元気をくれました。

この花はクスコという商品名のキク科の花です。
1.5㎝程の小花を沢山咲かせます。
5月から10月まで咲き続けるとか。
花殻を摘む必要もないそうで、不精者の私にはありがたい植物です。
こんもりと鉢一杯に咲いたらまた写してみます。
[Nikon D2X ED70-180mm F4.5-5.6D]
[PR]
by escu_lenta_05 | 2006-05-11 17:12 | 植物