ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

<   2007年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

クレソン

e0089532_6545440.jpg

河原の水際に、純白の花を着け青々と繁っているのは、
肉料理の付け合わせや、サラダでお馴染みのクレソンの群落だ。
以外にも水辺に大群落となって生え、オランダガラシの和名を持つ帰化植物となっている。

こうして川岸にいくらでもあるのだから、わざわざお金を出して買う必要もなさそうなのだが、
場所が水質の悪い都市河川となれば、これを採って食べる気はおこらない。
瑞々しいクレソンを眺めながら、これが山村の清流であったならと、
残念に思うこと屡々。

中には勇気のある人もある。
ウエダー姿で川に浸かり、大量のクレソンを採る人が・・・。
まさか、これを出荷?
これがレストランやスーパーに並ぶのだとしたらぞっとする。

どうしてもこの河原のクレソンを食べたいのであれば、
良く水洗いして、水を入れたコップにでも挿して、
成長した枝を時々摘んで使えば問題はないだろう。
[Canon EOS20D 、Sonnar 135mmF2.8、接写リング使用]

人気blogランキングに参加しています。今日もクリックで応援をよろしく!




ちょとCM
右フレームの自著は、これからの桜の季節にピッタリの一冊と思います。
ソメイヨシノなど4種の桜を含めた106種のいきものを紹介しています。
フルカラー(ほぼ9割は私の写真)で楽しむ季節のいきもの解説です。
以前に出版した本ですが、そろそろ桜前線の季節ですので紹介します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2007-04-30 06:55 | 植物

ベニシジミ

e0089532_6524235.jpg

ベニシジミは最も良く見られるチョウの一つ。
幼虫がギシギシ類の葉を食べて育つから、
水田や河原などのやや湿り気のある草原に多い。

庭にハーブのソレルを植えているが、これもギシギシの一種だから、
ちゃんと雌が産卵にやって来る。
我が家では、ソレルはあまり人気が無いから、
もっぱらベニシジミの幼虫の餌に成ってしまっている。
       ※写真は枯れたアカザに止まるベニシジミ
[Canon EOS20D 、Sonnar 135mmF2.8、接写リング使用]

人気blogランキングに参加しています。今日もクリックで応援をよろしく!




ちょとCM
右フレームの自著は、これからの桜の季節にピッタリの一冊と思います。
ソメイヨシノなど4種の桜を含めた106種のいきものを紹介しています。
フルカラー(ほぼ9割は私の写真)で楽しむ季節のいきもの解説です。
以前に出版した本ですが、そろそろ桜前線の季節ですので紹介します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2007-04-29 06:52 | チョウ

金髪の女官?

e0089532_6582978.jpg

今、庭の暗がりを彩ってくれているのがこのアユガ。
以前紹介したキランソウ(ジゴクノカマノフタ)と同じAjuga属だ。
キランソウが地面にぺったりとくっ付いて横に広がるのとは反対に、
アユガは高層ビルのように上に上にと筒状に伸びる花を着ける。

野性の花の好きな人は、山野に咲く白や淡い紫の花を咲かせるジュウニヒトエにそっくりと思うことだろう。
園芸品種として出回っているのはヨーロッパ産のA. reptansを改良したものだから、
セイヨウジュウニヒトエと呼ばれることもある。
花が幾重にも重なって咲く様から、女官の十二単に因んだ名だが、
力強いコバルトブルーの花色と、がっちりとした塔のような草姿の園芸種から、
平安の麗しい女性を連想するのは難しいようで、属名のアユガやアシュガで
呼ぶ人がほとんど。
金髪の西洋女官には、さすがに不似合いの衣装のようだ。

見かけ通りに丈夫な花で、地下茎を伸ばしてどんどん広がるから、
一株植えておけば、数年後には寂しい裏庭を青い花で綺麗に飾ってくれる。
種小名の reptansは「匍匐する」の意で、地下を匍匐しながら株を増やす
この植物の旺盛な姿をぴたりと表現した学名である。
[Canon EOS20D 、Sonnar 135mmF2.8、接写リング使用]

人気blogランキングに参加しています。今日もクリックで応援をよろしく!




ちょとCM
右フレームの自著は、これからの桜の季節にピッタリの一冊と思います。
ソメイヨシノなど4種の桜を含めた106種のいきものを紹介しています。
フルカラー(ほぼ9割は私の写真)で楽しむ季節のいきもの解説です。
以前に出版した本ですが、そろそろ桜前線の季節ですので紹介します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2007-04-28 06:58 | 静物

ヤクシマシャクナゲ

e0089532_854223.jpg

我が家のヤクシマシャクナゲは隔年開花で、今年は開花の年だ。
この苗は、犬のブリダーと造園業を兼業の人が始めたちょっと如何様っぽい園芸店で買った。
その年、花が咲かなかったから、やっぱりやられたかと落胆したが、
その次の年に花が咲いてくれて、本当にほっとした。

だが、図鑑に当たってまたガッカリした。
ヤクシマシャクナゲは、蕾は紅色だが、開花すると次第に白色になるとあり、
図版には満開の白々とした花の写真が載っている。
我が家の花は全然白っぽくない。やっぱりやられたのだと思った。

暫く経って、園芸の本を読んでいたら、
ヤクシマシャクナゲは、交配の母樹としてヨーロッパで人気だとあって、
様々な花色の品種の写真がずらりと並べられていた。
どうやら我が家の株は、原種と思い込んで買ったのだが、
ヤクシマシャクナゲの系統の園芸品種ということのようだ。
園芸の世界では、学名と園芸品種名が混然となって使われるから用心しなければならない。

ところで、この園芸店、とっくの昔に店を閉めてしまっている。
[Canon EOS20D 、Sonnar 135mmF2.8、接写リング使用]

人気blogランキングに参加しています。今日もクリックで応援をよろしく!




ちょとCM
右フレームの自著は、これからの桜の季節にピッタリの一冊と思います。
ソメイヨシノなど4種の桜を含めた106種のいきものを紹介しています。
フルカラー(ほぼ9割は私の写真)で楽しむ季節のいきもの解説です。
以前に出版した本ですが、そろそろ桜前線の季節ですので紹介します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2007-04-27 08:54 | 植物

レンゲソウ

e0089532_6191338.jpg

一時、レンゲ畑を探すのに苦労した頃があったが、
最近では、どの集落でも少なくとも一つ二つは見られるようになった。
これは、有機農業の普及が影響しているのだろう。

そして、レンゲ畑にニホンミツバチも復活した。
養蜂の衰退で、ライバルのセイヨウミツバチが少なくなったのが理由らしい。
大人しい性質のニホンミツバチは、どうしても力の強いセイヨウミツバチに力負けしていたが、
経済情勢による思わぬライバルの減少で、近年急速に勢力を盛り返している。
     ※写真はニホンミツバチで、腹部が黒いが、セイヨウミツバチは茶褐色。
[Canon EOS20D 、Sonnar 135mmF2.8、接写リング使用]
人気blogランキングに参加しています。今日もクリックで応援をよろしく!




ちょとCM
右フレームの自著は、これからの桜の季節にピッタリの一冊と思います。
ソメイヨシノなど4種の桜を含めた106種のいきものを紹介しています。
フルカラー(ほぼ9割は私の写真)で楽しむ季節のいきもの解説です。
以前に出版した本ですが、そろそろ桜前線の季節ですので紹介します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2007-04-26 06:19 | 植物

ガザニア

e0089532_9164075.jpg

ガザニアは南アフリカ原産のキク科の宿根草。
草丈が低いので、花壇の縁取りに植えているが、
春から秋に次々に花を咲かせるので有り難い。
植えっ放しで、毎年元気に育ってくれるのも嬉しい。

春に3株程に分株して増やすことも出来るらしい。
また、採種して春か秋に種を蒔けば、色んな花色が出る楽しみもあるとか。
この秋ぐらいに挑戦してみたい。
[Canon EOS20D 、Sonnar 135mmF2.8、接写リング使用]

人気blogランキングに参加しています。今日もクリックで応援をよろしく!




ちょとCM
右フレームの自著は、これからの桜の季節にピッタリの一冊と思います。
ソメイヨシノなど4種の桜を含めた106種のいきものを紹介しています。
フルカラー(ほぼ9割は私の写真)で楽しむ季節のいきもの解説です。
以前に出版した本ですが、そろそろ桜前線の季節ですので紹介します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2007-04-25 09:27 | 植物

チューリップ

e0089532_6335785.jpg

ガーデニングを初めたばかりの頃、チューリップは球根を植えさえすれば咲くだろうと、
適当にプランターに並べて植えたら、花も葉も向きがバラバラに出てしまった。
花と葉を綺麗に揃えて咲かせるには、球根の腹の凹みを揃えて植えると知ったのは
随分後のことである。

同じプランターに色んな品種を混ぜて植えるのも拙い。
あれもこれもと一緒に植えてしまうと、品種でそれぞれ花期が違うから、
これでは、一,二輪づつが、バラバラに寂しく咲くのを眺める羽目になってしまう。
やはり、チューリップは同色の花が一斉に群れ咲くのが美しいと思う。
せいぜい2品種位を品種毎の草丈も考慮して、密植ぎみに植えるのが良いようだ。

写真はフリンジ咲きの品種。不在にしている間にほとんど咲き終えていて、
僅かに一輪残っていたのを何とか写し止めた。
[Canon EOS20D 、Sonnar 135mmF2.8、接写リング使用]

人気blogランキングに参加しています。今日もクリックで応援をよろしく!




ちょとCM
右フレームの自著は、これからの桜の季節にピッタリの一冊と思います。
ソメイヨシノなど4種の桜を含めた106種のいきものを紹介しています。
フルカラー(ほぼ9割は私の写真)で楽しむ季節のいきもの解説です。
以前に出版した本ですが、そろそろ桜前線の季節ですので紹介します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2007-04-24 06:34 | 静物

スミレ

e0089532_5482170.jpg

このスミレは、昨日のオオヤマザクラの根元に生えていた。
他の草に埋もれていたり、草丈が低かったりと、スミレ類の撮影は厄介が多いものだが、
この株は、綺麗に除草された境内に咲いていて、
花茎がすくっと伸び上がっていたから上々のモデルさんだ。
[Canon EOS20D 、Planar 85mm F1.4、接写リング使用]

人気blogランキングに参加しています。今日もクリックで応援をよろしく!




ちょとCM
右フレームの自著は、これからの桜の季節にピッタリの一冊と思います。
ソメイヨシノなど4種の桜を含めた106種のいきものを紹介しています。
フルカラー(ほぼ9割は私の写真)で楽しむ季節のいきもの解説です。
以前に出版した本ですが、そろそろ桜前線の季節ですので紹介します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2007-04-23 05:48 | 静物

オオヤマザクラ

e0089532_9571447.jpg

このオオヤマザクラは、小さな神社の境内に10数本植えられているのだが、
何故か、毎年花が終わる頃に見に行くことになってしまう。
来年こそは・・・。
[Canon EOS20D 、Planar 85mm F1.4、接写リング使用]

人気blogランキングに参加しています。今日もクリックで応援をよろしく!



ちょとCM
右フレームの自著は、これからの桜の季節にピッタリの一冊と思います。
ソメイヨシノなど4種の桜を含めた106種のいきものを紹介しています。
フルカラー(ほぼ9割は私の写真)で楽しむ季節のいきもの解説です。
以前に出版した本ですが、そろそろ桜前線の季節ですので紹介します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2007-04-22 09:57 | 静物

キンギョソウ

e0089532_7453739.jpg

キンギョソウは丈夫で花付きも良いので、
花壇や寄せ植えして鉢に毎年植えている。
[Canon EOS20D 、Sonnar 135mmF2.8、接写リング使用]

人気blogランキングに参加しています。今日もクリックで応援をよろしく!



ちょとCM
右フレームの自著は、これからの桜の季節にピッタリの一冊と思います。
ソメイヨシノなど4種の桜を含めた106種のいきものを紹介しています。
フルカラー(ほぼ9割は私の写真)で楽しむ季節のいきもの解説です。
以前に出版した本ですが、そろそろ桜前線の季節ですので紹介します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2007-04-21 07:55 | 静物