ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Oxalis



e0089532_7452652.jpg

皆様、本年はどうもお世話になりました。
お陰様でブログを楽しく更新することが出来ました。
たくさんの方に楽しいコメントや、励ましを頂きました。そして、ランキングの応援も。
来年もどうかよろしくお願い致します。

今年の最後をオキザリスの蕾で締めくくります。
皆様、よいお年をお迎え下さい。

   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ご面倒でもランキングアップに協力下さい。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2008-12-31 07:45 |

野道



e0089532_6435376.jpg

すっかり冬枯れの風景となった淋しげな野道だが、
それでも何処かしこに楽しみが転がっている。
だからまた歩いてしまう好きな場所である。

   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ご面倒でもランキングアップに協力下さい。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2008-12-30 06:44 | 風景

ヤコブの階梯



e0089532_6453936.jpg

所用を終えて帰る頃、
陽はかなり傾き、雪雲らしい少し青みを帯びた暗い雲の隙間から、
幾筋もの放射状の光芒が地に向かって放たれていた。
この黄金色の光の束がヤコブの階梯。
天から地に架けられた天国への道である。
天使たちは、これを伝って上り下りするという。

夕暮れ、この辺りを通ると、
良くこのヤコブの階梯と出合う。
日本の草創期の物語に登場する神々に由縁の里らしく、
空の風景にも神々しさが漂うのであろうか。

   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ご面倒でもランキングアップに協力下さい。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2008-12-29 06:45 | 風景

光は春



e0089532_6531927.jpg

冬至を過ぎると、レースのカーテン越しに入る陽の光が俄に明るさを増したと感じる。
里山の風景も、冬至前の耐え難いほどの陰鬱な気配が嘘のように陰を消し、
わずかに明るくなっただけの陽の光の変化に嬉しくなる。
南国生まれの故か、
冬至になる前の薄暗さはとても苦手。
それで、冬至過ぎの光の復活が天の救いの手のように嬉しくて、
「随分明るくなったな・・・」と、
野の景色を眺めては、最近口癖のように呟いているらしい。

柔らかな冬の陽に銀色に輝く丘陵の裸木の梢の先や、
すっかり枯れ草となったエノコログサの穂が、
時より吹く冷たい風に煽られる度に細かな光の粒をまき散らすのを見ては、
「本当に明るくなったな・・・」と、また呟いている。
光の変化を映し出す野の風景を見つける都度、
こう独り言のようにくり返すから、
家人に「よっぽど暗いのが嫌いなのね」と、
あきれたように言われてしまうのである。

「昨日までとは打って変わったような明るい風景は、やはり錯覚などではないようだ。
12月25日のクリスマス祭は、一陽来復を願う冬至祭りの一つ。
そして、正月もまた農耕民族にとって重要な光の祭りなのである。
冬至は季節を分ける大切な節目で、
光に敏感な植物は、すでに光の春を察知していて、
ぼつぼつ復活の日の為の準備を始めているはずだ。」

と、昨年の今頃ブログにこんな記事を書いている。
陽の光の復活に異様に反応する私は、
農耕民族の余程濃い血を引き継いでいるのかもしれない。
これから一層寒さが厳しくなる季節なのに、
枯れ野に散りばめられた小さな光の春の息吹を見つけては、
何故か嬉しくなるのである。

   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ご面倒でもランキングアップに協力下さい。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2008-12-28 06:53 | 風景

急場しのぎ



e0089532_538821.jpg

最近の写真がストック切れ!
アップ予定で、間際にボツにした10月5日に撮影のチェリー・セージで
本日は急場をしのぎます。

   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ご面倒でもランキングアップに協力下さい。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2008-12-27 05:39

冬田



e0089532_625658.jpg

耕されたばかりなのか、
枯れ草に埋もれていた冬田は、
黒々とした土の畝が作られ、
新年を向かえる清々しい風景に変わっていた。

注水口のコックはしっかりと閉められ、
代掻きの季節まで、
冬田とともに静かな眠りの中である。

   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ご面倒でもランキングアップに協力下さい。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2008-12-26 06:17 | 風景

アオサギ/Grey Heron



e0089532_540930.jpg

私のフィールドで目にするサギ類の中で、
最も見る機会の多いのがアオサギ(Ardea cinerea)だろう。
小さい頃、一番普通なサギ類はコサギだったように思うが、
最近ではアオサギが増えて、コサギは逆に少なくなっている感じだ。

アオサギやコサギが採餌する場所は川や池。
その川や池では外来種のブラックバスやブルーギルなどの
外来種の魚類が急激に増え、在来種は減少している。
さらに、巨大なカエルの帰化種のウシガエルも少なくない。

アオサギの採餌の様子を見ていると、背びれのトゲが鋭い外来魚も、
小さなコサギではとても一口で飲み込めないウシガエルでさえも、
平気で一飲みにしてしまう。
コサギの餌としては不向きな外来生物であろうと、
苦もなく食べてしまうアオサギの食性の広さが、
アオサギの個体数の増加に貢献しているのかもしれない。

   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ご面倒でもランキングアップに協力下さい。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2008-12-25 05:40 | 野鳥

ノスリ/Steppe Buzzard(Common Buzzard) 



e0089532_10354944.jpg

ノスリ(Buteo buteo)は、西日本の多くでは留鳥とされているから、
一年中見られる野鳥いうことになるのだが、
少なくとも私のフィールドでは、
春から夏の間に姿を見ることはほとんどない。
目にする機会が多いのは、圧倒的に秋から冬の間である。
暖かい時期は北に移動し、
気温が下がり餌が少なくなる頃にまた戻ってくるという、
カモなどのような冬鳥と似た行動をしているのだろうか。

とは言っても、留鳥ということなのだから、
カモのように遥か遠方の国外にまでの移動ではなく、
(中には国外まで移動するものはあっても)多くは国内での季節的な
漂行ということなのだろう。

そんな冬になると姿を見せるノスリが、今年もいつもの里山にやって来た。
この辺りで見られる猛禽類は少ないから、
ノスリがやって来るとやはり嬉しくて、レンズを向けてしまう。

   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ご面倒でもランキングアップに協力下さい。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2008-12-24 10:35 | 野鳥

キツネ?/Fox?



e0089532_6522353.jpg

休耕地のかなり向こうの角に、赤茶けた動物を発見。
耳が立って、鼻が長い。
もしかして、キツネ。
キツネは、数年に一度くらいのかなり低い頻度で出合う、
私のフィールドではとても貴重な野生動物だ。

車の後部座席に置いてある望遠レンズをセットしたカメラを、
慌てて車の窓に乗せピントを合わせる。
残念。赤犬だ。

ノイヌ(野良犬)の赤茶色の犬を私は赤犬と呼んでいる。
赤犬の中には、遠目で見るとキツネに良く似たのがいて、
これまでも何度もだまされている。
この辺りでは、キツネに合うチャンスが年々少なくなってきたから、
是非ともカメラに収めたいという願望が強いので、
つい赤犬がキツネに見えてしまうのかも知れない。。

   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ご面倒でもランキングアップに協力下さい。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2008-12-23 06:52 | 動物

ホシハジロ/Pochard



e0089532_628479.jpg

鳥を見て回るルートで、
一番多いカモの一つがこのホシハジロ(星羽白:Aythya ferina)だろう。
胴の辺りが、少し鉛色を帯びた灰色で、
遠目でも良く判る特徴のある斑紋だから、
鳥を見始めた頃に、真っ先にこのカモの名前を覚えたのを思い出す。

ところで、鳥の様子から「間もなく下り坂だろう」と予報したのは見事に当たり、
昨日は、昼過ぎからちらほら降りだし、夕方にはかなりの雨になった。
これで、畑のタマネギの水やりから開放される。
嬉しい!

   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ご面倒でもランキングアップに協力下さい。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2008-12-22 06:29 | 野鳥