ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ヒゲナガクロハバチ

e0089532_9507100.jpg

ブログが庭の害虫シリーズになってしまいそうだが、今日は斑入りアマドコロ(ナルコユリ)のイモムシ。
アマドコロの葉に虫食い痕が。しかし、犯人の姿はない。さては裏側に居るだろうと、下から覗き込むと案の定黒いイモムシが4,5匹群れている。一見ガ類の幼虫に似ているが、何となくそれとは雰囲気が違う。もしやハバチの幼虫ではと、ハバチの本を調べるとナルコユリ類を食草にするヒゲナガクロハバチという種が載っていた。
ハバチは漢字で葉蜂と書くように、植物依存のハチである。ハチの代名詞はあの毒針。だが、この仲間にはその伝家の宝刀が無い。毒針を持つスズメバチやアシナガバチは、親や働き蜂が捕って来た動物質の餌を食べて育つが、ハバチ類は、チョウやガと同様に、植物に産み付けられた卵から孵化した幼虫は、食草を自分で食べて成長する。ハバチ類は巣も持たないし、巣や幼虫の周りを毒針で警戒する親蜂も働き蜂も居ない。
e0089532_9504418.jpg

斑入りアマドコロは繁殖力旺盛な植物で、放ったらかしでもどんどん株が増え、他の植物が被圧されるほどだ。それで、ヒゲナガクロハバチが湧いたからと騒ぐことなど全然ない。むしろ、増えすぎた株を引き抜く手間が省けると喜ぶべきかもしれない。
しかし、同じハバチでも、庭のバラやツツジ類に来る種はかなり厄介者だ。バラにはチュウレンジバチが、ツツジやサツキにはルリチュウレンジがやって来て、葉を無残に食い荒らす。小さな虫食いを見つけてそのまま忘れていると、数日後には葉は中筋だけを残して見事に喰われてしまっている。そうなったら最後、楽しみな花はもう拝めない。この時期、バラやツツジ類の葉はこまめにチェックが必要だ。
写真注)昼間は葉の裏に隠れていることが多いが、早朝や夕方は葉の表に出て摂食する姿が見られる。
撮影:2012.5.29~30 / Canon EF100mm F2.8L Macro IS USM
*クリックで画像は少し拡大します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2012-05-30 09:50 | ハチ・アリ

シヨシタヨトウ

e0089532_859984.jpg

庭のガーベラの花芽が大きくなって、間もなく開花と喜んでいたら、なんとこんな悪党の出現。シヨシタヨトウの幼虫だ。
ヨトウとは夜盗のこと。ヨトウガの幼虫は、昼間は植物の根際の土中に潜り込んでいるが、夜になると這い出して来て植物を食害する。菜園の野菜は、良くこの蛾の幼虫による被害を受ける。発芽して順調に成長していると安心していると、翌朝になれば若苗が見事に根元から切り倒されている。そんな悲惨なことが頻繁に起こる。ヨトウガ類は困った畑の害虫なのである。
調べてみれば、このシロシタヨトウはヨトウガの仲間なのに、昼間でも土中に潜ることなく、植物の上にいるのだそうだ。花を育てて開花を待ち望んでいるのをあざ笑うかのように、綺麗に花咲こうとする花に鎮座して堂々と花弁を食んでいる。夜陰に乗じてこっそり盗人をするどころか、明るみで平気な顔で悪事を働く大悪党である。
一株から、毎年株分けして増やしたガーベラなのに、なんて奴だと歯ぎしりしながら写したのだったが、それを退治するのをすっかり忘れてしまっていた。

撮影:2012.5.28 / TAMRON SP AF Di 90㎜ F2.8
*クリックで画像は少し拡大します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2012-05-29 08:59 |

ツバメとアマサギ

e0089532_6402648.jpg

昨年は、野山の鳥が少なくて心配したが、今年はどうなのだろう。
この春、ツバメの飛来は少なかったと思う。野鳥をよく見て回る場所では、3カ所ほどで5,6羽程の群れが見られるだけ。以前と比べればかなり少ない。群れのいる辺りの集落なら、通りがかりで容易く巣を見ることが出来たものだが、今はそう簡単には見つからない。
e0089532_6401985.jpg

田植え前の耕耘作業が始まると、その後ろを追って、土塊から転がり出る餌を漁るアマサギの群れがお決まりの風景だったが、それも稀になったようだ。小雨の畔で、一羽だけのアマサギが立ち尽くす姿は寂しい。
ツマメやアマサギなどの野鳥の姿が減ったのが真実なのか、毎年個体数を記録する程の野鳥の研究者ではないので、そのことは断言できない。ただ、家の周辺の野鳥の撮影に出掛け、野鳥を見つけてシャッターを押す頻度が、年毎に減少いるのは確かだ。

撮影:2012.5.25 /Nikkor AF-S ED600mm F4DⅡ+TC14EⅡ
*クリックで画像は少し拡大します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2012-05-27 06:41 | 野鳥

キジの採餌

e0089532_6521516.jpg

雄のキジが、小雨の田んぼで食事中だ。起耕された土塊の間に顔を出しているスズメノテッポウの枯草を食べている様子だ。穂の部分を嘴で銜え、種子をこそげ取っている。時々、嘴からはみ出した種子が飛び散っている。
e0089532_6523215.jpg

キジの主な餌は植物の種子、芽、葉の植物質で、他に昆虫や小動物を食べるという。耕作地や河川の草地など、明るい草地環境に生息している。
e0089532_652534.jpg

自宅周辺は水田やため池が多いから、キジの生息環境に恵まれているのだろうか、キジは良く目にする野鳥のひとつだ。近年、他の野鳥は数を減らす一方だが、キジだけはそれ程減少したように感じない。キツネやイタチなどの、キジの捕食者が減ったこともその一因だろうか。

撮影:2012.5.25 /Nikkor AF-S ED600mm F4DⅡ+TC14EⅡ
*クリックで画像は少し拡大します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2012-05-26 06:52 | 野鳥

ダイミョウセセリ

e0089532_18544521.jpg

庭を黒い小さなチョウが疾風のように横切った。また舞い戻って来て、今度はユキノシタの花に止まって吸蜜を始めた。そのチョウはダイミョウセセリ。直ぐにカメラを持って庭に下り、数枚写したところで飛び去ってしまった。
ダイミョウセセリはヤマイモ類を食草にしているから、主に里山の林縁に生息するチョウである。ではなぜ我が家の庭に出没したのか。理由はヤマイモを庭を取り巻くように植えているお方がご近所にいらっしゃるから。よほどヤマイモがお好きなのだろう。毎年欠かさず植えておられる。我が家の恩恵は、毎年この可愛いセセリチョウが見られることだけなのだが・・・。

撮影:2012.5.20 / TAMRON SP AF Di 90㎜ F2.8
*クリックで画像は少し拡大します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2012-05-20 18:54 | チョウ

ツバメの巣材とり

e0089532_18442248.jpg

田んぼの一角にツバメが巣材を集めに来ていた。辺りは水が引かれていない乾田だが、そこにはイネの苗床が作られていて、周りに泥濘が出来ている。泥と枯草が手に入る場所がここ以外に無いのだろう、入れ替わり立ち代わりでツバメがやって来ては、嘴に泥と枯草を銜えて集落の方に飛び去って行く。
e0089532_1844481.jpg

近年、ツバメが激減しているという。原因の一つは、泥や枯草などの巣材の確保が難しいこと。道路はアスファルトやセメントで舗装され、農耕地以外で土を見るのは困難だ。それに、農耕地の水路の水は無用に流れないように管理されているから、昔ながらの素掘り水路のように泥濘が始終出来る場所が無いので、農耕地といえども簡単に泥が見つかる訳ではない。泥の確保ばかりか、建物の壁が泥の付きにくい素材が多くなったことも、ツバメの巣作りを難しくしているらしい。

撮影:2012.5.19 /Nikkor AF-S ED600mm F4DⅡ+TC14EⅡ
*クリックで画像は少し拡大します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2012-05-19 18:44 | 野鳥

よっこらしょ

e0089532_14524166.jpg

鉢植えしているオニユリの葉に、ナメクジの食痕に似た舐め取ったような食害がある。どうやら今年も、あれが発生したようだ。さらに、今日は葉の先から3㎝ほどが喰われている。その葉の裏を見ると、虫の糞にそっくりの褐色の塊がくっ付いている。やっぱり、あれの正体はユリクビナガハムシの幼虫だった。
先日は、オニユリの茎の頂部にユリクビナガハムの成虫が潜り込んで葉を食べていた。憎々しいことに、幼虫も成虫も寄って集ってオニユリの葉を食害しているのである。
e0089532_14532916.jpg

ユリクビナガハムシはどのような生活史なのかと調べてみた。成虫で越冬し、春に産卵するという。孵化した幼虫は一月ほどで羽化する。ということは、越冬した成虫と、その親から春に生まれた子供が、一緒になって葉をもりもり食べている最中ということである。
さて、ユリクビナガハムシの幼虫が、よっこらしょ(うんこらしょ?)と大きな、そして臭そうな糞をわざわざ担いでいるのは、わが身を糞に見せかけて天敵から免れるためである。糞はもちろん自分の排泄物だから、正真正銘の虫の糞である。
糞ころがしのスカラベの幼虫は、親が動物の糞を集めて作った幼虫の餌兼用の棲家で、否応なく親からあてがわれた臭い糞の中で暮らしている。とこらが、このユリクビナガハムシの幼虫は、自らわざわざ糞に塗れた暮らしをしている訳だ。人の目には、臭そうで気持ち悪そうだが、この幼虫にとっては、身の丈にぴったりの安心・安全の防護服なのである。

撮影:(上)2012.5.18 / NIKKOR ED70-180mm F4.5-5.6D
(下)2011.12.16 /Micro-NIKKOR 105mm F2.8D

*クリックで画像は少し拡大します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2012-05-18 14:53 | コウチュウ

アオオビハエトリ

e0089532_17491455.jpg

鉢の縁にハエトリグモがちょろちょろしている。アオオビハエトリだ。レンズを向けると、直ぐに身を隠してしまった。暫く待っていると、黒くて大きな丸い眼でこちらを穿がっている。
e0089532_17501174.jpg

他の鉢にもやはりアオオビハエトリが止まっている。こちらはザリガニの威嚇のように、前脚を開いて高く振り上げたり、お尻を鯱のように持ち上げたりを繰り返している。その10㎝程前方に別の個体がいた。どうやら雄が雌にプロポーズのダンスをしている最中らしい。
e0089532_17504215.jpg

おやおや、他の鉢にもアオオビハエトリが。こちらはアメイロアリを捕えてお食事中である。アオオビハエトリは姿がアリに良く似ている。動きもアリの様である。アリに同類だと思わせ、油断している隙に捕獲するのだろうか。
しかし、我が家の庭は余程アオオビハエトリに気に入られたようだ。

撮影:2012.5.16 / Micro-NIKKOR 105mm F2.8D8
*クリックで画像は少し拡大します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2012-05-16 17:51 | クモ

ヒゲコメツキ

e0089532_18142232.jpg

セイタカアワダチソウの若株の葉影にヒゲコメツキが止まっていた。大きな立派な触角が様になったコメツキムシの仲間である。子供に人気の昆虫の条件は、かっこ良くて、大きくて、手で触れることだろうか。
ヒゲコメツキの体長は3㎝に満たない。せめて1,2㎝大きかったら、かなりの人気者になれたかもしれない。ただし、写真の様に櫛ひげ状なのは雄のみ。雌は特徴の無い糸状だ。仮に大きくても、カブトムシやクワガタムシ同様に、やっぱり雄に人気が集まってしまうだろう。

撮影:2012.5.8 / NIKKOR ED70-180mm F4.5-5.6D
*クリックで画像は少し拡大します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2012-05-15 18:14 | コウチュウ

オドリバエ

e0089532_18271728.jpg

交尾している昆虫かと思えば、そうではなかった。近づいて良く観ると、オドリバエの一種がメスアカケバエ?の雄を捕えているのだった。
オドリバエはムシヒキアブと同じく、他の昆虫を捕獲して餌にするハエの仲間だ。先日のサシガメ類のように、獲物に長い口吻を突き刺して、体液を吸うのである。
オドリバエ類は婚姻贈呈という習性が良く知られている。求愛する雌に、雄は捕えた獲物をプレゼントする。そして、雌がそのプレゼントの獲物を食べている間に交尾する。今度は、是非そんな場面を写してみたいものだ。

撮影:2012.5.5 / TAMRON SP AF Di 90㎜ F2.8
*クリックで画像は少し拡大します。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2012-05-14 18:27 | ハエ・アブ・カ