ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

オオアメンボ

e0089532_5514279.jpg
小さなため池にオオアメンボがいた。
名前の通りに大型のアメンボで、体長は19から27mm。
勿論日本最大のアメンボである。

昨日の記事に、大型の昆虫の減少が著しいと書いたが、
このオオアメンボも例外では無いようで、
7都県でRDBに指定されている。
オオアメンボが好むのは、周りを樹木に囲まれたような
薄暗い池や流れの緩やかな流水部である。
オオアメンボの雄は、足を激しく動かして波紋を立て雌を呼ぶ。
これはコーリングはと呼ばれる独特の配偶行動である。
オオアメンボが樹木に囲まれた池に好んで生息するのは、
周囲の木が防風壁となり湖面が穏やかなので、
雄が波を起こすのに支障が少ないからだろう。

オオアメンボ類は普通雌が大型だが、本種は雄の方が大きい。
オオアメンボの雄は縄張りを作って暮らしているが、
この際、中脚の長い方が縄張り争いに勝利するのだそうだ。
それで、雄の中脚は6㎝と驚くほど巨大だ。
背が高く脚が長い雄が雌にもてると言うことだろうか。
この点、人との世界と似ているかもしれない。

   人気blogランキングに参加しています。 
一日一回ポチッ
と、ワンクリックでランキングアップに協力下さい。
【This blog takes part in Blog Ranking.  
PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2009-05-14 05:54 | セミ・カメムシ
<< シュロ マイマイカブリ >>