ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

フジハムシの産卵

e0089532_21292538.jpg

草木が凄まじい勢いで芽吹き、葉を広げている。
一週間前の様子に比べると、まるで別世界である。
昆虫の姿を探すのに苦労するほどだったのが、
今日は次から次に色々な昆虫に出合い驚かされる。
これで春は一気に深まって行くのだろう。

フジも芽吹き、蔓を伸ばし、若葉が展開を始めている。
その蔓の上や芽吹きの中を小さな甲虫が蠢いている。
越冬から目ざめ活動を始めたフジハムシだ。
e0089532_21294194.jpg
 
ちょっと蔓に触れただけで、ぽろりと落ちてしまうから、
数は多いのに、フジハムシを撮影するのは案外大変だ。
上手くカメラに収まりそうなのを探していると、
まだ充分に葉を広げていない幼葉に産み付けられた
チェリーピンクのゼリーのような卵塊が目に留まった。
その近くにフジハムシがうずくまる様に休んでいる。
産卵を終えて一休みの雌なのだろう。

フジハムシは、すでに前年に交尾を終えている越冬個体が、
フジの葉が出るのに合わせて越冬から目ざめ、直ぐに産卵するのだろう。
これが孵化する頃には、柔らかな若葉が上手い具合に展葉していることだろう。
撮影:2011.4.20 / Canon MP-E65mm F2.8 1-5x
[PR]
by escu_lenta_05 | 2011-04-20 21:30 | コウチュウ
<< あしかび ヤエムグラ >>