ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

メタリックグリーンの妖精



e0089532_6154659.jpg

里山に普通に見られるゼフィルスで最も美しいのはミドリシジミだろう。
梅雨最中の今、このチョウの羽化の最盛期。
ハンノキの生える湿地や耕作を止めた水田などの縁を歩くと、
人影に驚いたミドリシジミがパッと飛び出してくる。

止まった辺りを良く見ると、
翅を閉じたミドリシジミが草の葉に止まっているに違いない。
暫く静かに見ていると少しずつ両翅が開いてくる。
梅雨空の雲の切れ間の薄日を受けて、
うっとりする程美しいビリジャンの輝きが、
翅の隙間に次第次第に見えてくる。
そろそろV字に開く頃、緑と青の光が交錯する魔法の光を放つ。
メタリックグリーンの妖精が目映い宝石になる瞬間だ。

里山に普通に見られたミドリシジミもやはり貴重になりつつあり、
埼玉県以西の16の都道府県でレッドデータに名を連ねている。
緑の衣装に包まれた西風の妖精もまた、
手の届かぬ高価な宝石になってしまうのだろうか。
[Nikon D2X ED70-180mm F4.5-5.6D]


人気blogランキングに参加しています。
一日一回「ポチッ」とすると投票すると、明日も面白い昆虫や草花にきっと出会えるでしょう。
ついでに、恥ずかしながら現在の順位もばれますが・・・。
[PR]
by escu_lenta_05 | 2008-06-21 06:25 | チョウ
<< 草原のランデヴー アマリリスの赤い誘惑 >>