ブログトップ

Colocasia's Photo World

colocasia.exblog.jp

やぶへび/Wake not a sleeping lion!



[Northern lapwing(Vanellus vanellus)]
e0089532_655237.jpg

今日は二十四節気の大雪。
福岡では例年より30日早い積雪を記録したというから、
先日も書いたように、今年は冬の訪れが早いのは確かのようだ。
早取りして訪れる季節を伝えるこの古い暦が、
これ程気候の実態とシンクロしているは、
最近ではあまり記憶がない。

先取りといえば花粉症。
4,5日前から酷い花粉症の症状だ。
発熱、悪寒、咳、喉の痛みと、
スギやヒノキの花粉が飛び散る季節のあの憂鬱な体調なのである。
冬至に向かって益々陽の光が淋しげで、
ただでさえ陰鬱な気分なのに、一層気が滅入ってしまう。

この時期の花粉症は、ここ数年前から毎年のことである。
今の季節に早々とスギやヒノキの花粉が飛ぶはずもないから、
何か他の植物の花粉ではないかと疑ってみるが、
野山を歩いても、この寒い仲冬に盛んに咲き誇っている植物など見あたらない。

原因はきっと植物以外にあるだろうと、
季節ならではのものを片っ端から思い浮かべてみた。
たどり着いたのはエアコン。
我が家では夏場はあまりエアコンは使わないから、
一番厄介になるのは冬場である。
そのフィルターに付着した去年の花粉が、
冬の使い始めの時に室内に一斉に飛び散るのが元凶との推理だ。
良く巡回するHPやブログに、風邪になったと記事に書いている人が最近多い。
もしあなたが、スギやヒノキの花粉症持ちだったら、
エアコンを疑ってみたらどうでしょう。

「我が家のエアコンは、花粉を吸着して飛散を防止する機能のある新製品です」
「頻繁にエアコンの清掃をしているから、フィルターに去年の花粉なんて付いてないです!」
と言う反論が聞こえてきそう。
いかん、貧乏で不精者だというのがすっかりばれてしまったようだ。
これこそ、「やぶへび」だ。

写真解説:
最近、ちらほらと姿が見えるようになったタゲリ(Vanellus vanellus)。
冬の到来とともに、池や川に近い休耕地にやって来て、
餌を啄む姿が見られる。
長い冠羽がシンボル。

   人気blogランキングに参加しています。 一日一回ポチッ」と、ご面倒でもランキングアップに協力下さい。
【This blog takes part in Blog Ranking.  PLease vote for this article : here】
[PR]
by escu_lenta_05 | 2008-12-07 06:55 | 野鳥
<< 初氷/First freezi... 馬鹿の開けっ放し[The cr... >>